乳がんで乳房を切除し、再建したときの保障は

女性が保険を見直すときに意外と見落としているんが、乳房の再建手術です。

女性の保険として加入するときに、乳がんも対象になているかどうかはよく確認すると思いますが、なかなか乳房の再建手術の保障についてまで確認する人は非常に少ないのが実情のようです。

女性特有の病気である乳がんになって、乳房を切除して乳房を失うことはよく知られています。もちろん女性の保険で乳がんの契約が含まれていましたら、保険での保障は間違いなくあります。でも実際には乳房を再建したくなるのが女性ではないでしょうか。乳房の再建手術には健康保険が適用になりませんので、全額を自己負担で行う必要がでてきます。

このときに加入している女性の保険で保障してくれるかどうかも確認した上で女性の保険に加入するなり、見直しを行ってください。

ただし、最近になって自分の身体を使って乳房を再建する手術が健康保険の対象になてきています。この点については加入する保険会社や見直しを行う保険相談などで確認しておいてください。

女性の保険として一番の課題であり、注目されるものとして子宮や乳房に関する保険ということが出来ます。特に乳がんは女性がかかるがんの中で一番多いと言われています。乳がんについては年間3万人の女性が罹患しているとの報告もあるほどです。

ただし、最近では乳がんによって死亡するケースは非常に少なくなっています。そこでそれぞれの保険会社では乳がんについては早期発見、早期治療を望んでいるのですね。乳がんによって乳房を切除されることは女性にとって過酷なものだと思います。必ず乳がんになったら乳房が再建できるような保険に加入しておきましょう。


◆生命保険の見直しなら読売ウィークリーでも紹介された”保険マンモス”へ今スグ!



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。